私たちの使命

オーガニックぶどう栽培を促進することによって、弊社の顧客様の健康と幸せを保護して強化することです。
保証された有機栽培ブドウで作られるワインは、楽しい飲み物として(手頃な価格であり最も高い品質)、また最も化学的に敏感な人々によって有害反応なしで楽しんでいただけます。

オーガニックワインってなんですか?

有機農業の原則のもとで育てられるブドウから作られたワインです。化学製品である人工肥料、除草剤、農薬または成長ホルモンまたは遺伝子組み替え食品(GMO)がブドウを生産する際に使われないことを意味しています。
また、「天然である」特定の天然肥料だけが、昆虫または植物病に対して使うことができ、それらはブドウ園の仕事に言及され、地下室または他のワイン作成プロセスの仕事は含みません。国際的証明組織によって、無農薬のブドウから作り出されるイタリアのワインはbiologico(ビオロジコ)ワインと呼ばれていて保証されています。そのすべての組織が、証明のための正確な同じ基準を使うというわけではありませんが、証明は承認されており、生産者がそのワインとこの証明の生産において有機農法を実践しているという証拠は、そのワインのマーケティングにおいて生産者に特定自己PRできる権利が与えられています。

どうしてオーガニックワインを選ぶのですか?

消費頂く顧客様一人ひとりの健康のお役に立つと信じているからオーガニックワインを選んでいます。オーガニックワインは、製造工程の中に一つでも合成化学薬品の使用を行わず、完全に自然であり本物のワイン(葡萄酒)です。
自生ハーブが、発達した生物多様性の中で成長し、ブドウ園は自生ハーブの生息地で耕されます。また、設備は生産地帯のすべての典型的特徴を表すバランスのよい果物を生産することができます。オーガニックワインは、環境と生態系だけのみならず、健康的で且つ天然の製品で、化学構成要素すべてが除かれています。

なぜ、オーガニックワインは、より高価なのですか?

天然、環境にやさしい製品の保証として、そして、すべての上述の性質で注目に値するオーガニックワインをご提供するために会社が耐えなければならない、より高い経費を正当化する理由としてみなされています。
無農薬のブドウのつるを栽培する際に遭遇する多くの困難を化学薬品を一切使わず手作業で取り除く手間がかかっています。天然物だけを使うために収穫を保護する必要があり、そのためには毎日の手入れがとても大切になってきます。これは、常に彼らに100%のオーガニックで好ましいワインをご提供するために、ほとんどのビンテージで改善しています。自然のつるに影響を及ぼす病気と戦うために、現在、銅が有効な製品として法律の範囲内で使用されています。

ビオダイナミック(生物力学的)ワインって、なに?

オーストリアのルドルフ・シュタイナーによって1920年代に開発される生物力学的な方法によって生産されるブドウから、この生物力学的なワインは由来しています。
まず、土(密接不可分に宇宙の創造的で精神的な力との関連があるすべての動植物)の健康を見る農業への全体論の彼のアプローチが基づいています。それは、化学である人工肥料と農薬の使用を禁止するという点で、生物力学的な農業の原則が有機農法の基礎となっています。イースト追加を通して彼らのワインを操るか、もしくは、ワインの固有の特徴を変えるどんな方向でもワイン作成プロセスに介入することをワインメーカーが行わないという点で、生物力学的なシステムをワイン醸造「天才」としてこの基本原理を取り入れています。両方のアプローチも、ワイン作成プロセスに亜硫酸塩の使用を除くか、少なくとも最小にしています。

農業が宇宙の精神的に同期しなければならないその中で、生物力学的なモデルは、これをうまく越えていきます。
たとえば、化学肥料または農薬を使う代わりに、土の生命を強化するようになっている一連の特別な調合剤(シュタイナーによって指定される)は、自然の宇宙のリズムと一致した特定の時間に塗られなければなりません。生物力学的なモデルへの固執は、惑星の衛星または位置の段階と調和して、植え付けや収穫の日にちを指定します。このシステムは、農業、環境と自然界の融合し、少し複雑です。
それは、生態学的な全体として注意をブドウ園に集中させており、このアプローチはビオダイナミック農法への転向者の数を増やしています。これは、生物力学的なアプローチの基礎をなしている基礎哲学に固執した、またはシュタイナーの生物力学的なアプローチの中から例外を避けて、彼らの特定のニーズと状況に対処する生物力学的なモデルの面だけを採用した一部のワインメーカーを含みます。
しかし、「生物力学的である」と証明されるワイナリーのために、「DEMETER ASSOCIATION」に認められた生物力学的な同業組合と保証している組織で特定された厳正な必要条件を満たさなければなりません。
オーガニックワインは、人工製品もしくは合成化学製品(例えば除草剤と農薬)を使わずに大きくなったブドウから作られるワインです。
雑草と害虫を寄せつけなくしておくために、生産者は働きます。たとえば、彼らは生息地を問題種の天敵である有益な昆虫を導入したり、小さな羊をつる列の間で草を食べてもらいます。
このように、ブドウ園は、自然な自動制御、自然の生態系(それは本質的に問題を解決することができて、人工で、潜在的に有毒なものを除きます)を維持しています。