メーカー カステッロ ディ タッサローロ
ロケーション ピエモンテ - Tassarolo (AL)
創立年 1367
オーガニック
有機認証 BIOS IT BIO 005 V118
ビーガン認証 BIOS IT BV14 V051

会社

このワイナリーは、ピエモンテ州で昔ながらの自然の手法のままブドウを栽培し、ワイン造りに取り組んでいる非常に珍しいワイアンリーです。マッシミリアン・スピノラとヘンリー・フィンジ-コンスタンティンの家族で営まれているこのワイナリーは、ピエモンテのガヴィ地区を中心に20ヘクタールの葡萄畑で成り立っています。ここで栽培されるブドウは、「コルテーゼのガヴィ」やバーベラ、若干のカベルネ・ソーヴィニョンです。 スピノラ家(西暦250年からタッサローロ城に居住しました)は、1367年からのルーツを持ちます。 2006年に、ヘンリーとマッシミリアンは、自然と環境に対する最大の敬意を保証するブドウ栽培の生物力学的な方法を独自に開発し始めました。 ヘンリー(ロンドン出身)は、イタリアの北部のブドウ園で働く大きな馬を育てた最初の人物です。彼は、土地と葡萄の健康に非常に関心があり、ブドウ園における生物力学的な農業方法のためにドラフト器材を設計/開発し、畑の専門家と常に協力しています。 彼は20年以上間のルドルフ・シュタイナーの哲学の情熱的な研究家でもあり、この哲学をブドウ栽培に適用しています。またヘンリーは、土を耕すためにトラクターなどの機会を使うことなく、ブドウ園の森と畑の中で大きい馬の理論と実行を教えるコースを現在構築しています。 マッシミリアンは、ぶどう酒醸造研究家ビンチェンツォと研究を常に行っています。 彼らはどんな添加硫黄なしでも、そして、酸化性特性なしで白ワインを作る方法を開発し
ました。そして、多くの難しい妙技がNatural Winemakingに繋がっています。 彼らは、これにおける成功の努力が、生物力学的な仕事によって与えられる土とブドウの健康そのものであると考えてます。

ティトウアン バルベラDOC

スピノラ ガヴィDOCG

ティトウアン バルベラ DOC コックンヴィッチ スペシャル・エディション

スピノラ ガヴィ DOCG コックンヴィッチ スペシャル・エディション