フリウリヴェネツィアギウリア

イタリアの中でも白ワインの聖地と呼ばれているフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州。様々な種類の白ワインや甘口ワインの産地としても有名なこの土地は、海や平地、山、高原に囲まれた自然の恵み豊かな州です。

 

フリウリでは、生産量の約77%が白ワインですが、固有品種や黒ブドウも盛んに栽培されています。

 

白ブドウではフリウラーノがフリウリを代表する品種です。まろやかで上品な味わいの中にビターアーモンドを感じさせる苦味が特徴的です。

他にも軽快さと繊細さを兼ね揃えたリボッラ・ジャッラ、甘口ワインを生み出すピコリット、国際品種のリースリングやシャルドネ、ピノ・グリージョなどが人気を博しています。

黒ブドウでフリウリを代表するのはレフォスコ・ダル・ペドゥンコロ・ロッソ。果梗が赤くなるため、それを意味する名前がつけられており、やや青味のある梗のニュアンスが特徴的です。果実味豊かで重いワインを生み出すピニョーロも、フリウリで栽培される固有品種として有名です。また、国際品種のカベルネ・ソーヴィニヨンやメルローも広く栽培されています。

 

 

D.O.P:イタリアにおける原産地名称保護制度 https://inomon.net/shop-ja/appellation/

主要D.O.P

 

Collio GorizianoColli Orientali D.O.C.(コッリオ・ゴリツィアーノ/コッリ・オリエンテーリ:白)

スロヴェニアとの国境東部の端にあるゴリツィア県で造られる白ワインです。ポンカ土壌で造られる白ワインが、世界的に高評価を得ています。フリウラーノ、リボッラ・ジアッラ、ピノ・ビアンコ、ピノ・グリージョ、シャルドネ、ソーヴィニヨン(ソーヴィニヨン・ブラン)などが栽培されています。

 

Riesling D.O.C(リースリング : 白)

シャルドネと並び、偉大なワインを生む高貴なブドウ品種として知られるリースリング。日本では、リースリングといえば甘口を想像される方も多いのでは︖こちらは辛口のリースリング。ソーセージやベーコンなどの香りのある豚肉料理によく合います。

また、リースリングはシャルドネと異なり、アロマティックである品種ゆえに樽での香味付が基本的に行われません。品種のもつ個性のみで勝負するため、栽培面での苦労がありますが、産地ごとのテロワールが現れるのが大きな魅力です。果実味とミネラル感の豊かな味わいをお楽しみください。

 

Refosco dal peduncolo rosso (レフォスコ・ ダル・ペドゥンコロ・ロッソ:赤)

イタリア・フリウリ地方で受け継がれている先住民のブドウと呼ばれる【レフォスコ・ダル・ペドゥンコロ・ロッソ】。

ワインの生産は当時のローマの文献まで遡り、このブドウで生産されたワインの品質は高く評価されています。

ワイン愛好家の方には、【マルツェミーノ】Marzemino という品種の方が聞きなれているかもしれません。この【マルツェミーノ】で生産されたワインは、モーツァルトが愛したワインとしても知られ、歌劇「ドン・ジョヴァンニ」では主人公のドン・ジョヴァンニが『Versa il vino! Eccellente Marzemino!(ワインを注げ!最高のマルツェミーノを!)』と歌っています。21世紀初頭、DNAプロファイリングにより、【レフォスコ・ダル・ペドゥンコロ・ロッソ】が【マルツェミーノ】の親であることが確認されました。

DOCG

DOC

IGT

2016 hl production

リースリング DOC 2015

生産者
アクイラ・デル・トッレ
生産地
フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州
タイプ
白ワイン
格付
リースリング DOC
容量
750ml

¥4,290 (税込)

在庫あり

レフォスコ・ダル・ペドゥンコロ・ロッソ DOC 2018

生産者
サラ & サラ
生産地
フリウリヴェネツィアギウリア
タイプ
赤ワイン
格付
レフォスコ・ダル・ペドゥンコロ・ロッソ DOC
容量
750ml

¥6,050 (税込)

在庫あり

10,000円(税込)以上お買い上げで全国送料無料!!

酒  類  販  売  管 理  者  標  識
販売場の名称及び所在地 有限会社井上スタジオ兵庫県新在家中の町4-10
酒類販売管理者の氏名 井上 博之
酒類販売管理研修受講年月日 令和3年6月24日
次週研修の受講期限 令和6年6月24日
研修実施団体名 姫路小売酒販組合

INOUE Studio LTD
有限会社 井上スタジオ
代表取締役 井上博之
食品輸出輸入事業部
〒670-0094 兵庫県姫路市新在家中の町4-10
TEL:079-297- 7455 FAX:079-297- 4630
stinoue@peace.ocn.ne.jp