ロゼ

ローズワインの生産

ロゼワインは、ワインの世界で過小評価されている中の1つになります。これらのワインは通常、消費者やワイン愛好家の人々によってあまり考慮されておらず、ワインとしての品格とアイデンティティを失う不当な偏見の犠牲にもなっています。その原因は、白ワインでも赤ワインでもないためワインと見なさない消費者と、販売することに関心のないワインビジネスに従事する専門家の両方と言えます。ロゼワインの最も良くない偏見の原因の1つは、白ワインと赤ワインを混ぜ合わせることによって生み出されるという考えです。実を言うと、この考えは、過去に規律がなく、知性がないレストラン経営者と生産者の悪習慣の結果であり、ピンク色のワインを作るために白と赤をブレンドしたためのものです。 私たちはこの偏見について明確にする必要があると信じています。白ワインと赤ワインをブレンドして得られるロゼワインの生産は、世界中の国の法律で禁止されています。この方法で製造できる唯一のロゼワインは、シャンパーニュやフランチャコルタなどのクラシックな方法のスパークリングワインの生産に使用されるベースワインだけです。 ロゼワインは、ピンク色のワインを生産することを目的として、特定の手法で作成されているため、低級ワインや分類できないワインと見なしてはなりません。ロゼワインは、常に独自の品格と意味を持っています。たとえば、フランスのプロヴァンス、プーリア-サレントのロゼワインは有名です。さらに、ロゼの古典的な方法で作り出されたスパークリングワインは、ワイン愛好家の間で高く評価されていることを忘れてはなりません。 ロゼワインは、料理と組み合わせるときに、白ワインでは不十分で赤ワインでは単純に多すぎる場合、ロゼワインが提供されます。この位置は、白でも赤でも占めることができないため、独自のアイデンティティを持っています。誰もがテーブルワインの認知を広げ、白と赤だけではなく、白、ロゼ、赤の間の可能性を考えることができるようになればよいでしょう。ロゼワインは、生産方法から品質まで、あらゆる意味で独自の世界を表しています。ロゼワインの生産は、赤ワインと同じように始まり、白ワインの工程と合わさります。その結果、白ワインのように冷やして提供されているにもかかわらず、赤ワインを連想させます。

ロゼワインの世界

すべてのロゼワインには、共通の特徴があります。それは、すべて赤ぶどうで製造されている事です。唯一の例外は、白ワインと赤ワインをさまざまな量でブレンドして作られるロゼスパークリングワインです。また、ピノノワールとピノムニエのブドウを使用したロゼシャンパーニュの生産者がまだほとんど使用していない、赤ブドウのみ使用することで、優れた結果が得られることも忘れないでください。 理論的には、どの赤ブドウもロゼワインの生産に使用できますが、他の品種よりも適切な品種があります。ロゼワインの生産は、一般的に赤ワインと白ワインの生産工程が合わさって説明できます。白ワインと赤ワインの生産の主な違いは、1つだけではありませんが、赤は色を抽出するために果皮をマセレートする必要があるのに対し、白ではこの手順は避けられます。ブドウの皮は芳香物質が豊富で、赤ブドウの場合は色も豊富です。果皮のマセレーションには、香りを引き出す目的もあります。発酵を始める前にブドウ果汁を豊かにします。浸軟することで、タンニンと呼ばれる他のポリフェノール物質を抽出します。ロゼワインは、赤ワインと構造が異なり、渋みが少なく、また白ワインのさわやかさがあり、白と赤の間の「中間」の色を持っています。ロゼワインの色は、数時間から約2日間、ムストを浸軟させることによって得られます。浸軟の時間は、生産されるワインとブドウの着色度合に依存します。マセレーションの終わりに、果皮は皮から分離されるので、白ワインの場合と同様にプロセスが続きます。 ヴィン・グリ(黒ブドウから造られるワイン)は、名前が示すように灰色のワインではありません。非常に淡いバラ色のワインです。グレーワインは、白ワインと同じ醸造手順を使用して製造されますが、唯一の違いは、シンソーロゼ、シンソーグリ、シンソーなど、着色が非常に低いブドウを使用することです。このタイプのワインは、白ワインと同じように、果皮のムストの浸軟を避けながら、ブドウを圧搾することによって生産されます。この技術は、赤ワインを作るために最適な熟成に達しない場合に備えて、ガメイのブドウを使用することにより、一部のフランスの地域で使用されています。アメリカ合衆国では、いわゆるブラッシュワインの生産に同様の手法が使用されています。 赤ワインであるジンファンデルブドウを、白ワインに使用される一般的なワイン製造技術を使用して生産したホワイトジンファンデルファッションのおかげで、ブラッシュワインは米国で有名になりました。ホワイトジンファンデルの成功後、他の品種で作られた他のブラッシュワインも市場に登場しました。その中で最も有名なものは、ホワイトグルナッシュ、カベルネブラン、メルロブラン、ブランドピノノワールです。ほお紅色のワインは、通常、デミセックの味がしており、一般的にわずかに発泡性があります。カリフォルニアでは、ヴィン・グリとして知られる、樽で熟成させたドライブラッシュワインを生産するワイナリーもあります。 赤色に近い、より濃い色のロゼワインは、数時間から数日の時間、果皮を漬け込むことによって生産されます。 ロゼワインの製造に使用される技術は、一般にブリーディングとして知られているいわゆるsaignéeです。この手法は、一般的に赤ワインを生産するワイナリーや一部のロゼシャンパーニュ生産者によって使用されています。この技術は、赤ワインが生産されているマセレーションタンクから一定量の果肉を引き出すことから成ります。タンクから取り出されたムストの一部は、白ワインの手順を使用して醸造されるため、結果はロゼワインになります。 ムストからワインへ 上記の方法のいずれかを使用してベースムストを準備した後、醸造プロセスは白ワインで使用される一般的な手順に従って続行されます。ロゼワインは、一般的にスチールやコンクリートなどの不活性容器で発酵されます。樽などの木製容器の使用はめったにありません。同じ事が熟成にも当てはまり、数か月間樽でロゼワインを熟成させる生産者はまれです。発酵プロセスと熟成の終わりに、ロゼワインは他の白ワインと同じように安定化され、ろ過されるため、瓶詰めされて商品化されます。 ポリフェノールの含有量が低く、酸味が急速に失われる傾向があるため、ロゼワインはボトルでの熟成にはあまり適しておらず、収穫から2年以内に飲むのが最適です。時間が経つにつれ、ワインは香りと味わいの最高の品質を失いがちで、果物や花の心地よい香りが失われる傾向があるため、できるだけ早く消費する必要があります。

ラーメン

寿司

シーフード

サービス温度

若くて軽いロゼ10-12°C

熟成・ボディロゼ12-14°C

10,000円(税込)以上お買い上げで全国送料無料!!

酒  類  販  売  管 理  者  標  識
販売場の名称及び所在地 有限会社井上スタジオ兵庫県新在家中の町4-10
酒類販売管理者の氏名 井上 博之
酒類販売管理研修受講年月日 令和3年6月24日
次週研修の受講期限 令和6年6月24日
研修実施団体名 姫路小売酒販組合

INOUE Studio LTD
有限会社 井上スタジオ
代表取締役 井上博之
食品輸出輸入事業部
〒670-0094 兵庫県姫路市新在家中の町4-10
TEL:079-297- 7455 FAX:079-297- 4630
stinoue@peace.ocn.ne.jp

FOLLOW US